今日は、とても気になることがありました。

今日は、とても気になることがありました。

会社の新口座開設のことで電話対応してくれた人も

新しい事務所のことで対応してくれた人も
・・・

「非常に声が小さい!!!!」

騒音はない場所で話しているので
声を遮るものはないはずなのに・・
聞き取りずらいんです。

 

銀行とのやり取りは、ちゃんと
理解したかったので

 

「恐縮ですが・・お電話の声が
少し遠いのですが・・・」
と言ってしまいました。

 

銀行の方は慣れた話だと思いますが
こちらは初めて聞く専門単語も多く
余計に分からない・・・(汗)

あなたもこんな経験はありませんか?

 

自分の業界以外の人にお話しするときは
「簡単な専門用語」でも分かりやすく
話すよう意識しましょう。

 

例えば
声を大きめにして話す
ゆっくり話す
専門用語の前後に「間」をおく
と言ったスキルが有効です。

 

相手が「初めて聞くであろう」と
思われる話や、分かりにくい言葉であれば
このような配慮をすることです。

 

すると、相手の理解が深まります。

 

そして・・・・
ビジネスにおいて「話すこと」の目的は
「あなたが上手く話すこと」ではなく
「まずは相手の理解を得ること」

 

それを忘れずに話しましょう。

聞きなれない専門用語は特に分かりやすく!

ただ・・・・
研修の時感じるのは、
自分では当たり前になっていて
「どの言葉が専門用語なのか、気づいていないこと」
多かったりします・・。

 

そんなときは、自分の会社・業界以外の人に話してみましょう。

結構、こちらの方が難しいかも(笑)

投稿者プロフィール

宮川 晴代
宮川 晴代OFFICE M 代表
脳科学・心理学を活かした声・話し方の専門家
リーダーのための「人を動かす声・話し方」講師
伝わる声・話し方プロジェクト 主宰



講師・司会歴合計50年以上。認定心理士
声の価値は3億円と言われ、脳波にα波が出る声(倍音)を耳にした人は17万人以上。
20年心理学・脳科学・運動生理学・禅・ヨガ・呼吸法を研究。伝わる声・話し方に効果的なメソッド「快声法(かいせいほう)の創始者である。「声・話し方に思考・価値観のクセが出る」「クセは直せる!」という信念の元、講師・テレビ出演者・起業家・ビジネスパーソンなど延べ4,000人に「発声・話し方・伝え方」をマンツーマンで指導してきた。アナウンサーや歌手が学びに来るスペシャリストである。

米国認定NLPマスタープラクティショナー 龍村ヨガ式呼吸力開発法指導者 マイケルボルダック認定コーチ


【書籍・DVD】
著者「どんな人でも好感度アップの声の魔法」(青春出版社)
電子書籍「仕事&恋愛でモテる声になる方法」
DVD「声から仕事&人間力が倍増するVOICEUP LESSON」