自分の声が嫌いです。 録音した声と聞いた声が違って、変な声に聞こえます。

そう言われる方は、非常に多くいらっしゃいます。

自分が話している声は骨から伝わった声が聞こえていて、録音した声は外から聞こえてくるので違うのです。

人にお聞かせしているのは録音している声に近いものだと思いますが、周囲の人は、「変な声だ」と嫌ったりしないで、受け入れてくれていますよね。

あなたが思っているより、決してわるい声ではないはずです。