「女優さんみたいだけど、なにかしたの?」:お客様の声

最近、ありとあらゆるところで、「あなたは最近、変わったわね!すごく表現力が豊かになって女優みたいだけど、なにかしたの?」と、聞かれるようになりました!

HARU先生の声に魅了されて、2015年10月にボイスアップトレーニングを受講しました。
2年前から合唱をしていて、それなりに声は出ているつもりでいましたが、スピーチの際に思うように声が届けられず、悩んでいたのが受講した理由です。また、ヴォーカルバラエティというものをどうしたら表現できるのか?ずっと、悩んでいました。

講習会の開始前と終了後に、先生から声紋分析グラフを見せていただき、驚きました。
声には様々な音色の要素があり、12色の色調で表現されていたのですが、トレーニング前はほんの1色か2色分の声の色しか現れていたなかったのです。それが、トレーニング終了後には12色が全て表現されていました。


HARU先生のトレーニングは、通常のボイストレーニングとは異なります。声を出す「技術」というよりも、声が自然に出て来ない潜在意識の癖?に気づかせてくださる「カウンセリング」に近いものだと思います。

それに、発声法などの訓練が加わっています。講習会を受講してみて、
なぜ、これまで自分は思うように声が出せなかったのか?自分自身の壁に気づくことができました。

また、「声をこれだけ変えられるのだから、自分自身をもっともっと変えられるはず」だと確信することができました。

結果的に、声を自在にコントロールできるようになったことで、声以外の表現も豊かになったように、思います。


その後、英語学校での発表会の舞台で、朗唱大会のファイナリストに選ばれ、決勝戦に出場しましたが、観客の皆さんから「声の扱いが素晴らしい」と言っていただけました。

仕事でも、数百人のゲストの前でプレゼンをすることがありますが、女優のような」表現力が出ていると言われるようになりました。


そして先日、ついにネイティブスピーカーの方たちの前で英語でのスピーチを披露する機会がありました。ネイティブスピーカーの皆さんから、「あなたのボーカルバラエティから大いに刺激を受けて、僕もボーカルバラエティを練習しようと思います」とコメントをいただくことができて、感激しました。

声の扱いを身につけると、仕事でもプライベートでも、色々な場面で新しい可能性が開けてくるように思います。HARU先生、これからもどうぞ宜しくお願いします。

 

投稿者プロフィール

宮川 晴代
宮川 晴代OFFICE M 代表
早稲田大学卒業

声の価値は3億円以上ともいわれる声と言葉の専門家。ヴァイオリンの最高峰ストラディバリウスと同じ周波数の声を持つ。

司会としての実績は20年を超え、その声(倍音)を耳にした人は15万人以上にのぼる。

また、伝説の投資家ジムロジャースの来日講演会では司会者に抜擢されるなど、教育関係者や学術団体から「聞き手に印象に残りやすい」「長時間聞いていても疲れない声」として信頼が厚い。

「声に生き方のクセが出る」「クセは直せる!」という信念の元、毎月ボイスアップセミナーを開催している。声にコンプレックスのあるビジネスマンが多数参加し、セミナー終了後には「マイクなしでも声が通るようになった」「自信がついた」「仕事がとれる声になった」と驚きの声をあげている。

アガリ症に効く「HARU式1分間呼吸法」は現役の声優や同業者のアナウンサーもこっそり本番中に実施するほど効果が高いと評判。コミュニケーションを基軸にしたキャリア形成論、職業社会論などを短大で教えてきた講師でもある。