初対面の人と話を盛り上げる方法

初対面の人と話したとき会話が続かず
「これを話せばよかった」
「こう聞けばよかった」と
後から思ったことはありませんか?


その場で、上手く言葉が出てこなかったり
どう話そうか考えていたら
タイミングがずれて
聞きそびれてしまったり・・。

今日は、そんな人にお薦めな方法を
お知らせしま~す!

まず、会話を弾ませたかったら
「話す視点」を持ちましょう!

いえ・・正確に言うと
「話させる視点」です。

自分が話すのではなく
相手に話させるのです。

会話下手の人は
「何か話さなきゃ~」と
自分の中で話題を焦りながら
探します。

会話上手な人は
「相手が話したそうなこと」
を探します。

例えば
「見かけない時計ですね~。
私も時計好きなのですが
知りません。
どちらのものですか?」とか

 

「素敵な色のスカーフですね~。
すごくお似合いです
その色お好きなんですか?」とか
など。

相手がこだわりもって身につけて
いるようなものについて訊くと
喜んで話してくれます。

あなたは、それを聞きながら
さらに、その話題について
「どんなところが好きなんですか」
「他にもお持ちなんですか」など
質問すれば、さらに話してくれるでしょう。

ここで大切な
【聞き方のポイント!】

質問をするときは「Yes,No」で
答えられる質問ではなく
相手が説明をするような質問の
仕方をしましょう~。

5W1Hで聞いてみましょう~。

何を、どのように、どうして・・
という質問の仕方です。

この方法なら、初対面の人でも
話が弾みます!

 

しかも、心理学的にいうと
「自分に興味をもってくれた」
感じるので、あなたに
好意を持ってくれます。

そして、自分と同じものに興味を
持つ仲間として認識してもらえるように
なります。

真剣に相手の話を聞く態度をみせれば
なおさら・・です。

是非、試してみて下さいね~。

投稿者プロフィール

宮川 晴代
宮川 晴代伝える力研究所株式会社 代表取締役
脳科学・心理学を活かした声・話し方の専門家
リーダーのための「人を動かす声・話し方」講師
伝わる声・話し方プロジェクト 主宰



講師・司会歴合計50年以上。認定心理士
声の価値は3億円と言われ、脳波にα波が出る声(倍音)を耳にした人は17万人以上。
20年心理学・脳科学・運動生理学・禅・ヨガ・呼吸法を研究。伝わる声・話し方に効果的なメソッド「ボイスアップコーチング」の創始者である。「声・話し方に思考・価値観のクセが出る」「クセは直せる!」という信念の元、講師・テレビ出演者・起業家・ビジネスパーソンなど延べ4,000人に「発声・話し方・伝え方」をマンツーマンで指導してきた。アナウンサーや歌手が学びに来るスペシャリストである。

米国認定NLPマスタープラクティショナー 龍村ヨガ式呼吸力開発法指導者 マイケルボルダック認定コーチ


【書籍・DVD】
著者「どんな人でも好感度アップの声の魔法」(青春出版社)
電子書籍「仕事&恋愛でモテる声になる方法」
DVD「声から仕事&人間力が倍増するVOICEUP LESSON」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です